臨床検査科

私たち臨床検査科は現在13人の臨床検査技師が二次救急病院として、夜間・日・祝祭日も24時間体制で業務を行っております。
臨床検査とは、患者様の検体(血液、尿、便など)を化学的あるいは形態学的に検査する検体検査(病理検査、細菌検査、遺伝子検査)と、心電図や超音波など患者様のからだを直接調べる生理機能検査に分けられます。これらの結果により身体の状態を知り、病気の原因を追及します。また、治療方針を決める大きな手助けにもなります。治療経過の確認や重症度の判定、回復の度合いなどにも利用されます。
私たちは、医師が病気を診断し治療していくために不可欠な検査結果を 迅速・正確・信頼をモットーに提供するよう心がけています。

業務紹介

検査科は大別して検体検査生理機能検査病理検査細菌検査遺伝子検査から構成されています。