神経内科

神経内科は脳、脊髄、末梢神経、筋肉に起こる症状や障害を扱う診療科です。神経内科の対象となる病気には、早期対応により速やかに治癒するものから、リハビリテーションなどにより時間をかけて回復するものもあります。また、原因が不明で、治療法がまだ確立されていない「神経難病」も含まれます。

診療対象となる主な症状

頭痛、めまい、しびれ、物忘れ、手足のふるえ、力が入らない、目が開けにくい、
ふらつく、歩きにくい、よく転ぶ、感覚が鈍い 呂律が回らない、飲込むときにむせる
意識を失う、けいれん、顔の筋肉が動かない、など

主な診療対象疾患

  • 血管障害(脳梗塞、脳出血 など)
  • 神経変性疾患(パーキンソン病、筋萎縮性側索硬化症、脊髄小脳変性症 など)
  • 免疫性神経疾患(多発性硬化症、ギラン・バレー症候群、重症筋無力症、筋炎 など)
  • 感染性疾患(脳炎、髄膜炎 など)
  • その他(筋ジストロフィー、てんかん、ミトコンドリア脳筋症 など)

担当医師紹介

林 夢夏
(はやし ゆか)
奈良 優子
(なら ゆうこ)