学術活動

  新卒者教育の集大成、また生涯学習の一環として、各種学術活動への参加を推奨しています。また、希望者には働きながらの大学院等への進学も支援しています。


・学会発表(平成24年度~)

24年度 第48回 日本理学療法学術大会 一瀬 裕介 転倒予防教室における評価の効率化に向けての取り組み
第1回 栃木県心血管リハビリテーション研究会 横井 靖子 当院のPCI後リハビリテーションの現状と課題
25年度 第17回 栃木県理学療法士学術大会 成田 悠樹 播種性血管内凝固症候群に伴う全身状態悪化に対して介入した症例
~運動負荷量とリスク管理に着目して~
池田 晃司 急性心筋梗塞後心不全を合併した症例 
~重症例の安全かつ早期ADL拡大へ向けて~
渡部 成実 大動脈解離を呈した症例
~職場復帰,運動耐容能改善を目指して~
26年度 第49回 日本理学療法学術大会 一瀬 裕介 頚長筋の安静時形状評価
第33回 関東甲信越ブロック理学療法士学会 野崎 洋平 COPD患者に対する訪問理学療法の一症例
~日誌の有効活用について~
梶 美穂 介護負担感に関するアンケート調査
~訪問リハビリテーション介入時の着目点~
第18回 栃木県理学療法士学術大会 高橋 秀介 慢性呼吸不全患者に対する低頻度呼吸理学療法
鈴木 貴美子 原発性肺胞低換気症候群における訪問理学療法の一例
~食事摂取量に着目して~
岡田 浩史 既往にパーキンソン病を持ち、多発脊椎圧迫骨折を呈した症例
~転倒の危険性に着目して~
鈴木 浩太 封入体筋炎に対する運動負荷の検討
~主観的疲労感とCK値に着目して~
高橋 里奈 自宅での排泄動作に着目し介入した症例
~在宅復帰に向けた早期からの働きかけ~
27年度
 

 

 
第50回 日本理学療法学術大会 一瀬 裕介 頭頸部屈曲運動時における頸長筋の変化
第34回 関東甲信越ブロック理学療法士学会 一瀬 裕介 頸長筋横断面積は筋厚より筋幅との関係が強い
保坂 泰平 中等度ARDS患者に対するNPPV管理中の早期リハビリテーション
渡辺 敦美 アルコール性慢性膵炎に対する運動負荷量の検討
第15回 日本医療マネジメント学会 栃木支部学術集会 横田 里奈 当院地域包括ケア病棟におけるリハビリテーションスタッフの取り組み
第8回 茨城県作業療法学会 兼
第1回 北関東信越ブロック学会
上祐 学 認知症による徘徊の末急変した症例
~作業療法士としての事故事例分析~
第6回 栃木県作業療法学会 室賀 光 入院により抑うつ傾向となった患者様に対する在宅復帰支援
~Activityとピアカウンセリングで心を元気に~
第19回 栃木県理学療法学術大会
 
梶 登士次 肺炎を繰り返すTPPV患者にIPVを導入した一例
~在宅での長期療養を目指して~
櫛田 歩未 重症大動脈弁狭窄症に伴う急性心不全を呈した症例
28年度 第35回関東甲信越ブロック理学療法士学会 成田 悠樹 要介護高齢者へのトランスセオリティカルモデルの活用
~運動の習慣化から身体活動の増進を目指した一例~
第20回栃木県理学療法士会学術大会 猪熊 千広 甲状腺機能低下症に対する理学療法
第20回栃木県理学療法士会学術大会 高橋 瑞樹 大腿骨頸部骨折を呈し疼痛が遷延しながらもトイレ動作自立へと至った症例
平成28年度 日本地域理学療法フォーラム 高橋 秀介 地域包括ケアに向けた体操DVDの作成

(平成29年3月現在)
 
 

平成26年 第17回栃木県理学療法士会学術大会において会長奨励賞を受賞しました
平成27年 第18回栃木県理学療法士会学術大会において会長奨励賞を受賞しました

 
 
平成28年 第19回栃木県理学療法士会学術大会において会長奨励賞を受賞しました

 

平成29年 第20回栃木県理学療法士会学術大会において会長奨励賞を受賞しました
 

・論文、著作(平成23年度~)

 
 
23年度
高橋 秀介 通所サービスにおける介護スタッフとの連携 理学療法ジャーナルVol.45 No.2
リハビリテーション科 介護職が実践できる食べる知識と技術 介護人材Q&A
2011年6月号
 
25年度
永森 基子 介護者向けリハビリテーション研修会を開催
~8年間のさまざまな取り組み~
介護人材Q&A
2013年12月号
高橋 秀介 通所サ-ビスにおいてリハビリテ-ションの成果を高める工夫 
~介護スタッフによるリハビリテ-ションへの取り組み~
介護人材Q&A
2014年2月号
26年度 一瀬 裕介 近隣自治体の地域包括支援センターから委託を受け、転倒予防教室を開催 介護人材Q&A
2014年8月号
高澤 寛人 医療法第42条施設「健康増進センター・ウェルネス NASPA(ナスパ)」における取り組みとその連携 介護人材Q&A
2014年12月号
27年度 金谷 さとみ
高橋 秀介
一瀬 祐介
高澤 寛人
梶 登士次
地域で暮らす患者を支えるために医療・介護はどう役割を担い連携するのか 看護のチカラ
2016年10/1号
一瀬 裕介  頭頚部屈曲テストにおける頸部超音波画像の変化 理学療法科学31(6):
835‐839,2016 
一瀬 裕介 脳卒中に対する標準的理学療法介入 第2版 文光堂
2017年3月19日
(平成28年12月現在)
 

資格

  各領域において高度な専門性を発揮し、質の高いリハビリテーションを提供するとともに、その領域においてリーダーシップを発揮できる人材を育成するため、認定資格の取得を推奨しています。今後は、所属職能団体の勧める認定・専門資格の取得に向けて取り組んでいきます。


理学療法士協会 認定理学療法士 高橋 秀介
一瀬 裕介
加藤 浩子
心臓リハビリテーション指導士 野崎 聡子
 3学会合同呼吸療法認定士 高澤 寛人
加藤 浩子 
野崎 聡子
横井 靖子
野崎 陽平
保坂 泰平
池田 晃司
福田 成実 
貴田 千晶 
介護支援専門員 高橋 秀介
高澤 寛人
永森 基子
福祉住環境コーディネーター2級 高橋 秀介
梶 登士次
貴田 千晶
認定訪問療法士 黒崎 明子
栃木県リハビリ3士会 地域包括ケア推進リーダー 高橋 秀介
高澤 寛人
加藤 浩子
池田 晃司 
一瀬 裕介 
福田 成実
横田 里奈
上祐 学
室賀 光
永森 基子
本間 瑞恵
栃木県リハビリ3士会 介護予防推進リーダー 高橋 秀介
高澤 寛人
加藤 浩子
池田 晃司 
一瀬 裕介 
福田 成実
横田 里奈
上祐 学
室賀 光
永森 基子
本間 瑞恵
大学院修士課程修了 一瀬 裕介
加藤 浩子
中央労働災害防止協会 運動実践専門研修 修了 野崎 聡子
(平成29年3月現在)
 
 
    
認定理学療法士(運動器)      認定理学療法士(地域理学療法)

社会貢献活動

  「地域と共に」を理念に掲げる博愛会の活動の一環として、法人内だけでなく地域・社会に貢献する活動にも取り組んでいます。

・活動一覧
那須塩原市 介護認定審査会 審査委員 金谷 さとみ
高橋 秀介
那須塩原市 シニアセンター 講師 一瀬 裕介
池田 晃司
那須町 介護予防教室 講師 高橋 秀介
高澤 寛人
本間 瑞恵
室賀 光
ウェルネスNASPA 講師 野崎 陽平
日本理学療法士協会 地域理学療法ガイドライン班 班員 金谷 さとみ
高澤 寛人
栃木県理学療法士会 理事(学会部長) 加藤 浩子
栃木県理学療法士会 学会部員 成田 悠樹
栃木県理学療法士会 研修部員 高橋 秀介
栃木県PT・OT・ST3士会 地域包括ケア・介護予防事業 支部長 高橋 秀介
永森 基子

(平成29年3月現在)

・菅間記念病院リハビリテーション研修会
  地域にリハビリテーションマインドを普及することを目標に、地域の介護関係者を招いたリハビリテーション研修会を平成17年より年一回のペースで開催しています。


このページの先頭へ

診療科・部門のご案内
  • 社会医療法人 博愛会
  • 菅間記念病院 在宅総合ケアセンター
  • 那須塩原クリニック・健康増進センター
  • 那須看護専門学校
お問い合わせ
0287-62-0733
【受付時間】月曜~土曜
 午前 7:30~12:00
内科・循環器・呼吸器は11:30迄
整形外科は11:00迄

 午後 1:15~5:00
※救急対応等で変更になる場合
があります。

【診療時間】月曜~土曜
 午前 9:00~12:15
 午後 1:30~5:30
【休日】
 日曜・祝日 年末年始
(12月31日~1月3日)
お問い合わせ
  • 女性診療科・産科
  • 地域医療連携 医療相談
  • 看護部
  • 医療技術部
  • 採用情報
  • 新棟建築のお知らせ
  • 社会医療法人とは
  • 救急医療への取り組み
  • 広報誌「はくあい」
  • 被災者の皆様へ
        日本医療機能評価機構
菅間記念病院は、財団法人日本医療機能評価機構病院機能評価(3rdG:Ver.1.0~)の認定を受けました。
DBJビジョナリーホスピタル菅間記念病院は、株式会社日本政策投資銀行DBJビジョナリーホスピタルの認定を受けました。