社会医療法人 博愛会

社会医療法人とは

社会医療法人とは第五次医療法改正で創設された新しい制度で、営利を目的としない公益性の高い医療法人のことです。地域に必要な救急医療等を安定的に提供するために、公立病院を補完するような民間病院を認定する制度です。

当院は、「博愛と信頼」「地域とともに」「高度な医療」を理念としております。地域になくてはならない病院として、「いつでも」「どこでも」「だれでも」「安心・安全」をモットーに公平で開かれた医療、満足される医療の提供に日々努めております。
当院の位置する那須塩原市の人口は11万7千人、隣接する那須町の人口は2万7千人で、 那須地域への観光客は年間490万人に上ります。これらの人々が安心して生活し観光することができるために、医療の面から貢献することが当院の責務です。特に、当院は2次救急医療病院として、県北地域の救急医療の中核を担っており、民間病院として県北地域の救急医療を将来にわたり安定的に提供すべく、社会医療法人の申請をいたしました。

その結果、平成21年1月1日付けにて栃木県より、社会医療法人博愛会菅間記念病院として認可されました。この認可は全国で17番目、関東地区では1番目ですので、栃木県でも最初の認可となりました。

このページの先頭へ